ペットのことならPetPi!


 

犬がブルーベリーを食べても大丈夫?栄養素や量のチェックをしよう!

犬がブルーベリーを食べても大丈夫なのでしょうか?
自分がブルーベリーを食べているとき、愛犬にねだられたら、ついつい与えたくなりますよね。

そこで今回は犬にブルーベリーを与えることの利点や注意点を紹介していきたいと思います!

犬はブルーベリーを食べても大丈夫!

犬 ブルーベリー

犬は、ブルーベリーを食べても大丈夫!
ですが、ブルーベリーの食べすぎには、要注意です!

ブルーベリーは、犬にとって健康的な食べ物であり、犬のからだに役立つ栄養素を多く含んでいます。

犬の体にとって非常に有益な物質も含んでいる一方で、ブルーベリーは皮が厚く、不溶性食物繊維も多いため、食べすぎると消化不良を起こし、腹痛や下痢などの問題を引き起こす可能性があります。

犬はブルーベリーをどれぐらい食べても大丈夫?量は?

犬 ブルーベリー

犬は、ブルーベリーを食べることができますが、量には注意が必要です。

犬にとって比較的安全な果物ですが、過剰摂取すると、消化器官に悪影響を及ぼす可能性があります。

犬に与えてもよいブルーベリーの量は一日の食事の10%以下といわれており、一日に与えてよい、おやつの量と同じです。
一般的な中型犬の場合、一日の食事量が200gであるので8-10粒程度が適量です。

ブルーベリーの栄養素は?犬の健康を維持しよう!

ブルーベリーは犬の健康を維持するために欠かせない栄養素を提供してくれる食材です。

ブルーベリーは、ビタミンC、カリウム、鉄、マンガン、カルシウムなどのミネラル、ビタミンA、B、Eなどのビタミン、食物繊維を含んでいます。

ブルーベリーに含まれる栄養素の中で特に体に役立つものを3つ紹介したいと思います!

栄養素1.アントシアニン


抗酸化作用と抗炎症作用があり、血糖値の上昇を抑制してくれます。
アントシアニンは健康志向のポリフェノールの一種で、犬の体内で毛細血管を強化したり、細胞の酸化を防いだりしてくれます。
こうして、犬の健康維持と病気の予防、若さ・健康の維持に役立ってくれます!

栄養素2.水溶性食物繊維


食物繊維は、腸内環境を健康に保ち、正常な便通を維持するために、大切な働きをします。
ブルーベリーには食物繊維が多く含まれています。
そのため、犬の便通改善、腸内環境を整える働きもあり、消化器官の健康を維持するのに役立ちます!

栄養素3.ビタミンE


ビタミンEも、抗酸化作用を持つ栄養素です。
動脈硬化や心筋梗塞などの病気を予防し、血液をサラサラに保ってくれる効果があります。
また、細胞膜が酸化するのを防ぐ働きがあり、健康予防に役立ちます!

犬にブルーベリーを与えるときの注意点!

犬 ブルーベリー

抗酸化作用や腸内環境を整えて、犬の体に良いブルベリーですが過剰摂取は、健康を損ねてしまう可能性もあります。
与えすぎによるデメリットを把握しておきましょう!

注意点1.アレルギー反応


ブルーベリーを食べた後に、かゆがったり、水分量の多い便になったり、嘔吐を起こす可能性があります。

これは、食物アレルギーの典型的な症状です。

少量であればアレルギーが出たとしても、症状が重篤化しないので、初めてブルーベリーを与える際は、1粒から与えるようにすることが大切です!

注意点2.糖質・肥満


甘いものを好む犬は、糖分の多いブルーベリーに依存し、肥満につながってしまうかもしれないので注意しましょう!

特に人間用に作られているブルーベリー加工食品は砂糖や甘味料を多く含んでいるため、濃い味になっているため与えてはけません。
濃い味に慣れてしまうと甘いものしか食べれなくなり、更に血糖値が上がってしまいます。

犬の肥満は健康を阻害して、「糖尿病」や「がん」の原因になるので、適量のブルーベリーを与えましょう。

注意点3.消化不良


ブルーベリーの中には、不溶性食物繊維が、可食部に多く含まれており、水分を吸って大きくなり、腸を刺激して排便を促進させます。

しかし、不性食物繊維が多くなり過ぎると、便が大きくなり過ぎたり、固くなり過ぎたりして、かえって排便が困難になり、消化不良の症状が発症する可能性があります。

まとめ

犬 ブルーベリー

犬にブルーベリーを与える際は、犬の健康状態を考慮して、量を把握し、アレルギーや糖質量などを考慮して与えることが重要になります。

ブルーベリーは栄養素が豊富で、犬の健康を維持するのに役立つ食べ物ですが、糖質を含むため、過剰摂取は、肥満の原因になります。

犬にブルーベリーを与える際は、犬の健康を考慮して、適切な量を与えることが大切です。

🐶 犬はブルーベリーをどれ食べても大丈夫?

犬にとっては、ブルーベリーは比較的安全な食べ物ですが、過剰摂取は消化器官に負担をかける可能性があります。不溶性食物繊維が多いので、犬が食べ過ぎた場合、消化不良や腹痛などの症状が出る可能性があります。また、ブルーベリーの加工品は多くの糖分を加えてあるため、安易な気持ちで犬に与えるのは、やめましょう!

関連する記事